契約時に届く郵送物

来店不要での契約となるオリックス銀行カードローンは、手続き完了後にカードの郵送がされます。消費者金融のように店舗や自動契約機で受け取るといったことができないので、どうしても郵送物が届いてしまいます。

 

届く郵送物でオリックス銀行カードローンでの借り入れがばれてしまうのではないか、家族に知られてしまうのではないかと不安に感じる方もいますが、その点に関しては心配はいりません。オリックス銀行カードローンではオリックス銀行の通常業務で使用をしている封筒での郵送物となるので、封筒を見ただけではカードローンの契約とは分からないようになっています。

 

中身を見られると分かってしまいますが、封筒の中身を見られないようにすれば家族の方にもカードローン利用は分かりにくくなっているのです。

 

差出人はオリックス銀行名

届けられるカードが入った封筒は、差出人名がオリックス銀行のカードデスクとなっています。銀行名が書かれている封筒であれば家族に見られても口座を開設したとの言い訳もしやすく、カードローンの契約がばれる可能性も低いです。

 

オリックス銀行に限らず銀行のカードローンであれば大体はどこでも銀行名での郵送物となりますが、消費者金融の場合には異なります。消費者金融では差出人にサービス名を記載しない場合がほとんどのため、少し怪しい封筒となってしまいます。

 

消費者金融の利用先にもよりますが、「事務センター」や「ACサービスセンター」など差出人となるため、封筒を家族の方に見られると追求がされてしまい、カードローン利用がばれる可能性があります。しかし、オリックス銀行カードローンであればオリックス銀行からの封筒となるので安心なのです。

 

契約後は利用明細の送付は無い

オリックス銀行カードローンは利用明細がWeb上の会員専用サービスで確認がとれるため、自宅や勤務先宛の送付はありません。借り入れ先によっては振り込みでの借り入れや返済のたびに利用明細が郵送されてしまうところがありますが、オリックス銀行カードローンでは郵送はされません。

 

長期に渡って返済が遅れるなどとなれば話は別ですが、正常な利用を進めている限りは契約後の余計な郵送物はありません。契約に関わる重要な連絡事項やお知らせ等があれば何らかの郵送物が届く可能性はあるものの、利用明細の送付がなければ契約時の郵送物にさえ注意をしておけば安心して利用ができます。

 

周りに内緒にしてお金を借りたい方、郵送物の扱いで不安に感じる方でも、オリックス銀行カードローンなら問題なく利用ができるようになっているのです。