借り換えローンとしてのオリックス銀行カードローン

今の金利が高い、返済の負担が重いと感じる方は、借り換えローンの検討をしてみましょう。業界最低水準の金利とされているオリックス銀行カードローンは、他社からの乗り換えとなる借り換えローンにも対応をしてくれるので、今現在の借り入れよりもオリックス銀行カードローンの方が低金利であるなら、借り換えた方が今後の返済が楽になります。

 

 

便利なカードローンも借りれば返済時には利息負担がかかり、金利が高ければそれだけ利息の金額も上がります。利用者にとっては利息は無駄な出費にしかなりませんので、なるべくなら低金利に借り換えて利息を減らし、賢いカードローン利用を進めるようにしてください。

 

優れたオリックス銀行カードローンの商品内容

オリックス銀行カードローンの商品内容を見てみると、まさに借り換え向きであることが分かります。限度額は最高で800万円、金利は年利3.0%~17.8%となっているので、大きな金額の借り換えにも対応が出来ます。

 

金利は大きな幅が持たれていますが、オリックス銀行カードローンでは契約限度額によって金利が変わる内容となっているので、高額の借り換えになればなるほどに低金利が期待できます。

 

消費者金融で借りると100万円超でせいぜい15.0%程度までしか金利が下がりませんが、オリックス銀行カードローンなら200万円や300万円の利用となれば、年6.0%~12.8%と更に低い金利となるのです。

 

多くの借り入れを一本化

複数からの借り換えも可能で、この場合には「おまとめローン」などとも呼ばれますが、借り入れの一本化も出来ます。多くの借り入れをオリックス銀行カードローン一つにまとめられれば返済も楽になるので、借り換えの一つとしてオリックス銀行カードローンでのおまとめも考えてみましょう。

 

借り換えやおまとめとしての利用条件、知っておきたいオリックス銀行カードローンの基本は借り換えローンとして使うオリックス銀行カードローンで詳しくまとめられているので、申し込みにあたってはしっかりと見ておいて下さい。

 

便利に使えるカードローン

大きな限度額と低い金利で借り換えやおまとめに人気のオリックス銀行カードローンですが、もちろんその他の利用においても便利に使えます。出費が続いて生活費が足りなくなってしまった、レジャーや買い物などである程度の金額が必要、教育資金や車の購入資金の足しになど、様々な目的にあわせてカードローンに利用ができます。

 

オリックス銀行カードローンは一度契約をしておけば、限度額の範囲内なら再申し込み不要で繰り返し借りられます。お金が必要なときには必要な分だけを借りられますので、今だけでなく今後のお金のピンチにも対応が可能です。

 

いつでもATM手数料が無料

オリックス銀行カードローンの契約を行うと専用のローンカードが発行され、後日に郵送されます。届いたカードは全国の提携ATMで利用ができ、曜日や時間を問わずにいつでも手数料が無料で何度でも使えます。

 

限度額内での追加の借り入れも返済も、手数料の負担なく使えるのはオリックス銀行カードローンの大きな特徴です。

 

返済負担が抑えられるカードローン

カードローンでお金を借りれば返済の必要があります。返済時には利息の支払いもあるため、しっかりと返済の計画を立てておかないと思っている以上に返済の負担が大きくなってしまう場合があります。

 

オリックス銀行カードローンではその点も安心で、毎月の返済金額は借り入れ残高によって決まるようになっています。限度額がいくら大きくても少額の借り入れに留めておけば、毎月の返済金額は小さく済むのです。

 

最も少額の返済となるのは30万円以下の借り入れ残高時で、返済金額は7,000円です。30万円超50万円以下の借り入れ残高では毎月10,000円の返済と、残高が増えるにつれて返済金額も大きくなります。

 

同じ借り入れ金額でも低金利で借りる方法

オリックス銀行カードローンでは金利は限度額によって決まり、返済金額は借り入れ残高によって決まるので、限度額が大きい低金利での契約をしておき、少額の借り入れに留めれば同じ金額を借りるにしても低金利で借りられるようになります。

 

例えば30万円を借りる場合とすれば、限度額が30万円で契約をすると適用される金利は年12.0%~17.8%となりますが、限度額が300万円で契約ができるのであれば、同じ30万円を借りるとしても金利は年6.0%~12.8%となります。

 

上限金利で比較をすれば5%も金利が低くなり、返済の負担を大きく減らすことが可能です。

 

限度額は希望額がそのまま通るわけではなく、審査によって決まります。それでも安定した収入がある方、大きな限度額で契約ができる見込みがある方であれば、より低金利で借りるためにも限度額は大きく持っておくのも一つの手です。

 

無駄に借りないことが最低条件

限度額があるとついつい借りてしまう、無駄遣いをしてしまうといった方は、余計な限度額を持つことはおすすめできません。必要な金額を低金利で借りるための大きな限度額も、借りられる分だけ満額を無駄に借りてしまえば結局は返済負担が大きくなります。

 

限度額を大きく持って少額を低金利で借りる方法は、借り入れを自身でしっかりとセーブができ、正しい返済計画で借りられる方に限られる方法です。限度額があればあるだけ借りてしまう方は、必要最低限の限度額設定となるようにオリックス銀行カードローンを利用しましょう。

 

申し込み前に確認をしたい点

借り換えやおまとめ、普段の生活費などの生計費としての利用にも優れるオリックス銀行カードローンは、申し込みを行う際にはいくつか注意をしておきたい点があります。申し込みをしても審査に通らないと意味がないので、無駄な審査落ちを避けるためにも確認をしておきましょう。

 

今現在の返済状況を確認

他社の借り入れがある方、借り換えやおまとめとしてオリックス銀行カードローンの利用を考えている方は、他社の返済状況を確認してください。返済が遅れていたり毎月の返済額に足りない不足入金となっている場合には、オリックス銀行カードローンの審査通過は難しいです。

 

借り入れ件数には注意が必要

明確に何件までと定められているわけではありませんが、他社の借り入れ件数には注意が必要です。極端に借り入れが多すぎるとおまとめとしてオリックス銀行カードローンを利用したとしても、再び借り入れが増えるリスクがあるために審査は厳しくなります。

 

収入の多さと安定性が重要

アルバイトやパートの方も申し込み対象とはなっていますが、限度額次第で低金利となるオリックス銀行カードローンでは、やはり正社員や公務員などの方が中心となります。ある程度の水準で安定した毎月の収入を得ている必要があります。

 

過去の事故履歴があると×

過去にカードローンやクレジットカードの利用や返済でトラブルを起こしてしまっている方、信用情報機関に事故情報の記載がある方は、審査にはまず通りません。申し込みをしても余計なネガティブ情報をばら撒くだけなので、控えてください。

 

複数の申し込みは大きなマイナス

どこかから審査に通ったところで借りられれば良いと手当たり次第に複数カードローンに申し込みを行ったり、他社で審査落ちになった直後に立て続けに申し込みをしてしまうと、オリックス銀行カードローンの審査も厳しくなります。

 

申し込みは慎重に無駄なく進める

オリックス銀行カードローンだけでなく、いくつか申し込みをして審査に通ったところの中で最も良い条件のところから借りると考える方がいます。金利や限度額などは審査を受けてみないとどの程度の水準になるか分からないため、たしかに効率的な方法に思えます。

 

しかし、実際には間違いです。カードローンの申し込み履歴は信用情報機関に情報照会履歴として半年間にわたって記録がされており、審査の際には履歴が多ければ多いほど、マイナスとして扱われることとなります。

 

何社も申し込みをしてどこか審査に通ればと考えてしまうと、どのカードローンサービスも履歴を確認しますので、審査結果は全滅となる可能性が高くなります。焦って申し込みをすると失敗をしてしまいますので、審査を受けるにあたっては慎重に無駄なく進めるようにしてください。

 

入力内容のミスや間違いにも注意

初歩的な内容となりますが、上記の項目以外にも申し込みを行う際の各項目の入力はミスなく進めるようにしましょう。大きなミスや間違いがあると審査時間が確認のために時間がかかってしまったり、場合によっては審査結果に悪影響を与えてしまいます。

 

どんなに急いで申し込みを進めても大した時間の短縮にはなりませんので、間違いによって余計な時間がかかってしまうことを防ぐためにも、よく確認をしながら申し込みを進めるようにしてください。

 

ミスや間違いではなく、虚偽の入力内容は言うまでもなく良い影響を与えません。正しい入力内容で申し込みをしないと、審査時間が長引いたり審査結果が良いものとならなくなる可能性が高くなるので注意が必要です。