リボ払いの借り換えにオリックス銀行カードローン

リボ払いでの支払いを続けていると今の手数料が高い、返済の負担が重いと感じてしまう場合があります。月々に分散をして返済が行えるリボ払いであれば大きな金額でも少しずつの支払いが可能となりますが、どうしても期間が長期化しやすいことや、手数料の負担が大きくなりやすい大きなデメリットもあります。

 

リボ払いを借り換えで見直す

手数料はカードローンで言うところの金利、利息のようなものであり、リボ払いでは高い手数料がかかるのも欠点です。有名なカード会社でもリボ払いの手数料は年率で15.0%や18.0%となっている場合が多く、18.0%であれば消費者金融で借りるカードローンキャッシングと変わらない水準となります。

 

それほどの高い手数料でリボ払いを続けていれば、負担が大きくなるのも当然です。毎月の支払いは何とかできていても、いつになったら払い終えられるのかが見えず手数料の負担ばかりが増してしまいます。手数料はいくら支払ったところで無駄でしかないので、余計な手数料負担を削減するためにも借り換えを考え、リボ払いの終わりが見えない支払いを完済できるようにしておくべきです。

 

オリックス銀行カードローンの適用金利

リボ払いからの借り換え先として見ておきたいのが、オリックス銀行カードローンです。オリックス銀行カードローンは金利が年1.7%~17.8%と低水準の利率が魅力となり、リボ払いからの借り換えとしての利用にも対応をしているために頼れる銀行のカードローンとなります。

 

 
オリックス銀行カードローン
オリックス銀行カードローンの特徴

来店不要で申し込みから契約まで進められ、リボ払いの借り換えとしての利用にも人気のカードローンです。オリックス銀行での口座開設は不要で、余計な口座を持たずにカードローンの利用が可能です。

金利 年1.7%~17.8%
限度額 最高800万円
審査回答 最短即日
注意点

リボ払いの借り換えとして利用をする際には、今現在の返済が正常に行えている方に限られます。

 

 

銀行カードローンとは言っても店舗への来店等は不要で、ネットでのスマホ対応のWeb申し込みからの手続きで来店不要、オリックス銀行での口座開設も不要で契約が完結できます。

 

幅のある金利は限度額によって適用される利率が変わり、オリックス銀行および保証会社であるオリックス・クレジット株式会社、または新生フィナンシャル株式会社の審査の結果によって適用がされる限度額と金利が決定されます。大きな金額での契約となれば低金利での借り入れが可能となるので、リボ払いからの借り換えだけでなくまとまった使い道にも適するカードローンとなります。

 

限度額に応じた金利
オリックス銀行カードローンの限度額に応じた金利

 

借り換えに適するオリックス銀行カードローン

限度額による金利条件に優れるオリックス銀行カードローンは、リボ払いからの借り換えにも適しています。リボ払いの手数料である金利は高いところでは年率18.0%となりますが、オリックス銀行カードローンなら上限でも年17.8%、審査の結果によって金利帯の下限での利用となれば100万円未満でも年12.0%となります。

 

金利が軽くなれば支払う利息金額が減らせるので、リボ払いでだらだらと支払いを続けるよりも余計な負担なく完済が目指せるようになります。また、オリックス銀行カードローンは金利条件だけでなく毎月の返済金額の設定も優れているため、毎月の支払い金額、返済金額を減らしたいといったリボ払いからの借り換えにも注目です。

 

借り入れ残高で変わる返済金額

オリックス銀行カードローンの毎月の返済金額は、借り入れ残高によって決まるようになっています。限度額がいくら大きくても少額の借り入れに留めておけば、毎月の返済金額は小さく済みます。

 

最も少額の返済となるのは30万円以下の借り入れ残高時で、返済金額は7,000円です。30万円超50万円以下の借り入れ残高では毎月10,000円の返済と、残高が増えるにつれて返済金額も大きくなります。

 

借り入れ残高と返済金額
オリックス銀行カードローンの返済金額

 

例えば30万円の利用時における月々の支払い金額で見てみると、オリックス銀行カードローンでは7,000円ずつの返済になるのに対し、リボ払いではカード会社によっては10,000円超となる場合が少なくありません。長期コースなどのリボ払いの支払い期間を長期化し、負担を分散する支払い方式としてもリボ払いでは毎月の支払い金額は大きくなります。

 

主なカード会社別のリボ払い時における支払い金額は以下の通りとなり、オリックス銀行カードローンの返済と比べてどれだけ負担が大きくなっているか、支払い金額が大きくなっているかが分かります。オリックス銀行カードローンに借り換えればリボ払いの大きな負担も軽減ができるようになるので、毎月の支払い金額を少なくしたい方も、最終的な支払い総額を減らしたい方も、オリックス銀行カードローンへの借り換えを考えてみましょう。

 

利用金額別の返済金額
リボ払いとオリックス銀行カードローンの違い

 

返済は長期化させない

オリックス銀行カードローンへの借り換えで毎月の返済金額が軽くなれば、リボ払いで今現在の月々の支払いが負担となっている方でも余裕を持って返済が進められるようになります。ただ、余裕があるからと最低額だけの返済を行うだけではオリックス銀行カードローンの完済までにかかる期間が長くなります。

 

いくら限度額によっては金利条件に優れるオリックス銀行カードローンであるとは言え、長期に渡る返済となれば最終的な利息総額は大きくなってしまいます。月々の返済がギリギリでしか行えない場合には仕方がありませんが、リボ払いからの借り換えでお金に多少の余裕が生まれた際には、なるべく多めの返済で積極的に借り入れの残高を減らしていくと良いです。

 

オリックス銀行カードローンでは繰上げ返済には手数料がかからないので、お金に余裕があるときには任意で随時返済が行えます。コンビニや金融機関の提携ATMでのカード利用は時間や曜日を問わずにいつでも無料となるのも返済がしやすいポイントとなるので、リボ払いからのオリックス銀行カードローンへの借り換えで返済も進めやすくなるのです。

 

毎月の返済金額に少し上乗せをするだけでも、最終的な支払い総額は抑えられるようになります。1,000円でも2,000円でも、少しでも多めの返済が行えるのであれば、積極的に返済に回してオリックス銀行カードローンでの完済を目指すようにしましょう。

 

便利に使えるカードローン

大きな限度額と低い金利で借り換えにも人気のオリックス銀行カードローンですが、もちろんその他の利用においても便利に使えます。出費が続いて生活費が足りなくなってしまった、レジャーや買い物などである程度の金額が必要、教育資金や車の購入資金の足しになど、様々な目的にあわせてカードローンに利用ができます。

 

オリックス銀行カードローンは一度契約をしておけば、限度額の範囲内なら再申し込み不要で繰り返し借りられます。お金が必要なときには必要な分だけを借りられますので、今だけでなく今後のお金のピンチにも対応が可能です。

 

また、契約後の利用状況が良好であれば、収入に応じた限度額の増額が行われる可能性があります。オリックス銀行カードローンでは限度額に応じて金利が変わるので、大きな限度額での契約となれば借りる金額が少額であるとしても、低金利での利用が可能となるために有利な条件で借りられます。

 

返済の遅れや不足などのトラブルがあると限度額の増額審査の際に不利になってしまうので、今後のオリックス銀行カードローンの利用を考える上でも信用情報の上でも、返済は遅れないようにしっかりと期日通りに、約定返済金額の入金は確実に行うようにしてください。

 

返済が遅れると信用情報機関にネガティブな情報が記録されてしまい、今後の他社での審査にも悪影響を及ぼします。オリックス銀行カードローンでの利用に限らずカードのリボ払いでも同様であるため、リボ払いの支払いが重く負担になっていると感じる方は、返済に関するトラブルを起こしてしまう前に借り換えを行い、低負担での返済を進められるようにしておくとよいです。

 

オリックス銀行カードローン

 

申し込み前に確認をしたい点

リボ払いからの借り換えや普段の生活費などの生計費としての利用にも優れるオリックス銀行カードローンは、申し込みを行う際にはいくつか注意をしておきたい点があります。申し込みをしても審査に通らないと意味がないので、無駄な審査落ちを避けるためにも確認をしておきましょう。

 

今現在の返済状況を確認

他社の借り入れがある方、借り換えとしてオリックス銀行カードローンの利用を考えている方は、他社の返済状況を確認してください。返済が遅れていたり毎月の返済額に足りない不足入金となっている場合には、オリックス銀行カードローンの審査通過は難しいです。

 

借り入れ件数には注意が必要

明確に何件までと定められているわけではありませんが、他社の借り入れ件数には注意が必要です。極端に借り入れが多すぎる場合には借り換えとしてオリックス銀行カードローンへの申し込みを行っても、再び借り入れが増えるリスクがあるために審査は厳しくなります。

 

収入の多さと安定性が重要

アルバイトやパートの方も申し込み対象とはなっていますが、限度額次第で低金利となるオリックス銀行カードローンでは、やはり正社員や公務員などの方が中心となります。ある程度の水準で安定した毎月の収入を得ている必要があります。

 

過去の事故履歴があると×

過去にカードローンやクレジットカードの利用や返済でトラブルを起こしてしまっている方、信用情報機関に事故情報の記載がある方は、審査にはまず通りません。申し込みをしても余計なネガティブ情報をばら撒くだけなので控えてください。

 

複数の申し込みは大きなマイナス

どこかから審査に通ったところで借りられれば良いと手当たり次第に複数カードローンに申し込みを行ったり、他社で審査落ちになった直後に立て続けに申し込みをしてしまうと、オリックス銀行カードローンの審査も厳しくなります。

 

申し込みは慎重に無駄なく進める

オリックス銀行カードローンだけでなく、いくつか申し込みをして審査に通ったところの中で最も良い条件のところから借りると考える方がいます。金利や限度額などは審査を受けてみないとどの程度の水準になるか分からないため、たしかに効率的な方法に思えます。

 

しかし、実際には間違いです。カードローンの申し込み履歴は信用情報機関に情報照会履歴として半年間にわたって記録がされており、審査の際には履歴が多ければ多いほどマイナスとして扱われることとなります。

 

何社も申し込みをしてどこか審査に通れば、と考えて多重申し込みを行ってしまうと、どのカードローンサービスも履歴を確認しているため、審査結果は全滅となる可能性が高くなります。焦って申し込みをすると失敗をしてしまいますので、審査を受けるにあたっては慎重に無駄なく進めるようにしてください。

 

入力内容のミスや間違いにも注意

初歩的な内容となりますが、上記の項目以外にも申し込みを行う際の各項目の入力はミスなく進めるようにしましょう。大きなミスや間違いがあると審査時間が確認のために時間がかかってしまったり、場合によっては審査結果に悪影響を与えてしまいます。

 

どんなに急いで申し込みを進めても大した時間の短縮にはならないので、間違いによって余計な時間がかかってしまうことを防ぐためにも、よく確認をしながら申し込みを進めるようにしてください。

 

ミスや間違いではなく、虚偽の入力内容は言うまでもなく良い影響を与えません。正しい入力内容で申し込みをしないと、審査時間が長引いたり審査結果が良いものとならなくなる可能性が高くなるので注意が必要です。

 

オリックス銀行カードローン